×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メインイメージ 推奨サイズW800×280px

【緊急拡散】日本政府による拉致被害者を支援してください!


中国人、フィリピン人、日本人を拉致した特別公務員を断罪にせよ!


日本こそ法の下での統治がされる国にしましょう!


推薦サイト:
再審請求いざ鎌倉
美しい未来へ


司法関係者を裁く処罰法の立法



この作品は、入管法違反幇助事件をもとに小説化したものです。
この、入管法違反事件は、罪刑法定主義を無視する、それは酷い事件でした。
日本は、いつの間にか暗黒の社会になっていたのです。
独裁国家と同じレベルだったのです。
それを認めない司法関係者。
罪刑法定主義の意味がわからない国会議員。
それを止めたのは国際社会でした。

冤罪によって、全てを失い、苦しんでいる人たちはたくさんいます。
冤罪を引き起こした、警察官、検察官、裁判官そして弁護士は、
よっぽどのことが無い限り罪に問われません。
これは司法改革により、斬罪にしなければ、冤罪被害者は救われません。

昔は医療ミスを起こしても、問題にされませんでした。
現代では、犯罪として刑務所に送られます。
司法関係者も司法のミスは医療ミスと同じように処罰を受けなくてはなりません。

司法のミスを裁く明確な法律の制定が必要です。
司法関係者の抵抗は大きいでしょう。
国際社会が許さないと思います。
国会での立法が必要です。

この物語は、こうした流れを小説にしたものです。
したがって、登場する人物・団体は実際の人物・団体とは関係ありません。

物語は、冤罪被害者とその友達との会話から始まります。

「この事件はいつだったけ、長いよね」
と鄭志明が切り出すと

「うん2010年6月だよ」
と長崎が相槌を打つ。そして、

「もう3年になるんだ」

鄭志明は長崎の事件のことを話しだした。

鄭志明は長崎の事件のニュースをテレビでみて、知り合いの弁護士に相談したら、
何かの間違いだと言われたと話す。
誤認逮捕は、日常的にあることだから、すぐに釈放されると断言したというのですと言う。

不法就労の幇助罪は不法就労幇助罪で罰するので間違いなく釈放されると断言したと言われたと言う。
この弁護士は、中国人の不法就労事件は何件もやっているので入管法は詳しいと言いう。

鄭志明はさらに話しを続けて、
このニュースは、中国系の新聞にも大きく出たので、有名だというのです。
再逮捕され、起訴になったので、びっくりしたとこれまでの経緯をイッキに長崎に説明した。

「やっぱり、日本も中国と同じですね」
「私ね、この事件をみて、日本の本性が現れたと思ったんですよ」
「日本が怖くなったよ」
と鄭志明が言う。

「そうですか、権力を持つと怖いですよね」
と長崎が言うと、

「新聞の記事を見ましたか」
と鄭志明がたたみかける。

「新聞の記事は見ないが、インターネットのニュースは見ましたよ」
「会社名わたしの名前と住所以外は、まったくウソですね」
と長崎が冷静に言う。

すると鄭志明が
「新聞は、Y新聞とS新聞に記事がでましたよ。
「テレビはね、長崎HKも含めて全部出たよ。お昼だけですけどね
でもね、鄭志明新聞とM新聞と長崎新聞は新聞買ったんですけど出てなかったですよ。」
新聞の記事をとっているのであげましょうか」

と鄭志明は、長崎の関心を引きつけるように話を続ける。


「もう、見たくもないよ」
と長崎が言うと。

鄭志明は、自分のことのように少し逆上下かのように話を続ける。
「おかしいですよ、入国させたと書いてあったけど、彼らは、すでに日本にいるから入国するはずがないですよね」
「入管法を見て、作文してるのだろうって、弁護士は言ってたけど」

鄭志明は新聞記事を暗記でもしてるように、
次々と記事の矛盾点をあげて言った。

長崎には、鄭志明が事件のことをまくし立てるように言う、
その真意がわからなかった。

「警察は、事件をでっち上げるんですよ」
「記事には、警察の誰から聞いたとは書いてないでしょう」
「報道は、ニュースリソースを明らかにしないことが前提ですから、警察はこれを使うのですよ」

「公には言わないで、裏で虚偽情報をいうのですよ、新聞は、誰から聞いたとは言わないので、安全なんですよ。」

「新聞社に、誰から聞いたのか、
ニュースリソースを明らかにせよと言っても、絶対言わないでしょう」

「だから報道なんて、やりたい放題ですよ」

とこんどは長崎がまくし立てるように言う。

「やっぱしね、中国と同じですね。」
「警察が、会見して言うとね警察に抗議や質問がいきますよ」
「中国の新聞はね、警察が裏で言ったことを、そのまま書くんですよ」
「警察の誰が言ったって書かないから、警察は言われたらノーコメントでいいんです」
とオウム返しのように鄭志明が言う。

鄭志明は珍しくビールを少し含むと、話を続ける。

「警察が裏で言うことは、共産党が言うのと同じですよ」
「中国人でもわかる人は、新聞の記事は信じていませんからね」
「でも、一般の人は、新聞の記事が正しいとして信じますけどね」
「信じないで、抗議すると逮捕されますからね」

と鄭志明が言うと、長崎が整理でもするように

「要は、共産党支配下の警察が、警察の思うように、マスコミを情報操作するけど、一部のインテリはわかっている。」
「けど、・・・・多くの国民は信じた振りをするということですか」

と長崎が言うと、
「信じた振りじゃなくて、信じますね」
「でも、ちょっとだけ、信じた振りする人もいますよ」

「新聞社に質問したり抗議すると、新聞社は警察に裏で密告するんですよ」
「日本も同じですよ」

と鄭志明がもの足りないように補足する。


「気に入らなきゃ逮捕するんだよ」
と長崎が話を切り出して、

長崎はビールを傾けてさらに続ける。、

「習近平さんとか胡錦涛さんとか、個人的には良い人かもしれないね、たぶん良い人だと思うよ」

「共産党のトップだから、共産党を守るために、人民を監視し、人民から搾取してるんだよ」

「人間は欲望の塊だからね。欲望があるから生きていけるんだよ」

「衣食住って言うじゃない。これをある程度満足するのはわかるよ、次はセックスだろうね、次は金だよ、次は名誉だよ」

「中国の場合は、共産党を利用して地位を手に入れると、自然に金が手に入り、女も手に入るからね」

黙って聞いていた鄭志明が、話を受けて続ける。


この作品は現在執筆中です。


下記サイトをご覧になり、
日本の司法の現実を知って下さい!




再審請求いざ鎌倉 東京高検は受理 日弁連へ再審支援要請


下記の関連サイトで入管法や、フィリピン大使館入管法違反嘘偽事件などの情報が手に入ります

法の下で統治される美しい国へ




日本の特別公務員による、
憲法や日本法を無視して人権侵害をする、
凶悪な犯罪です。




公務員の方は、美しい日本人の誇りと良心において、内部告発をお願いします。
国民は、2ちゃんねるなどで拡散にご協力下さい!
国民が動かないと、政府は自律して政治ができない国なのです!
そして、被害者である国民の名誉と生命・財産を復活して下さい!


在日、外国人の方は、このことを母国にも拡散してください!
国際社会が動かないと、日本は自律できない国なのです!


中国人の方は、中国人も何ら犯罪を犯していないにもかかわらず、犯罪人にされました!
日本こそ「法の下での統治」をしなければなりません!
中国ネットへの拡散、領事館などへの救済を訴えて下さい!




お問い合せは下記へ、メールにて日本語でお願いします」!

再審請求いざ鎌倉お問合せ

責任者:恭仏院
おやじの未来 管理人